Owned media

     

ものづくりプレス

ゴムの記事一覧

  • 中国の材料における価格高騰について解説

    2021.11.18

    2021年10月現在、「中国の材料が高騰して、生産に影響が出るかも知れない」といった声が日本国内でも増えてきました。実際に半導体に関係する中国産の金属シリコンやアルミニウムの価格が、2~3倍の跳ね上がっているのが確認されています。当記事では中国材料が高騰の概要や高騰の悪影響、高騰の原因となった「中国の電力不足」について概要を解説します。

    記事を読む

  • ゴムの配合剤にはどんなものが使われる?

    2021.11.10

    ゴムの配合剤は、ゴム製品を製造する上で必ずと言っていいほど投入されている薬剤です。日常生活から製造現場などあらゆる場所で活躍するゴム製品は、配合剤の投入によってプラスされたり向上したりした加工性や耐性によって成り立っているのです。 当記事ではゴムの配合剤の概要や必要性、主な配合剤の種類をご紹介します。

    記事を読む

  • オイルシールとは

    2021.11.08

    オイルシールとは、潤滑用のオイルが外に漏れないようにしたり、外からの異物混入を防いだりを可能にする、産業機械や自動車部品にとって重要な部品です。 当記事では「オイルシールとは?」という基本的な部分について、役割や仕組み、オイルシールに使用されるゴム材料の種類、オイルシールの主な用途などを解説します。

    記事を読む

  • ゴムの原料不足はいつまで続く?

    2021.10.08

    新型コロナウイルス感染症は、医療だけでなく経済や製造、物流などにも大きな影響を与えています。ここで懸念されているのが、製造や物流が止まることによるゴム原料の不足です。新型コロナウイルス感染症を背景とした、現在のゴム原料の不足状況や原因、今後の見通しについて解説します。ゴム製品は特に医療用ゴム手袋の需要が伸びています。ゴム原料不足に不安を感じている人は、ぜひ参考にしてください。

    記事を読む

  • ゴムの歴史|ゴムの基礎知識

    2021.08.26

    いまや私たちの生活に欠かせない「ゴム」。ゴムのはじまりとされる天然ゴムの発見をはじめ、イギリスやアメリカを中心としたゴム工業の発展とその技術を導入し、自主技術を確立するまでの我が国でのゴム業界の歴史など今回は、ゴムの歴史について詳しく解説していきます。

    記事を読む

  • 自動車に使用されるゴム部品

    2021.08.25

    自動車のゴムといえばタイヤを思い浮かべる場合も多いと思いますが、実際にはタイヤ以外の部品にもさまざまな形でゴムが使われています。 自動車部品に使用されるのは工業用ゴムです。そして適切な自動車の駆動や防振・防音を行うには、高い耐油性や耐熱性、そして摩擦や引き裂きへの強さを持ったゴムを選定しなければなりません。 当記事では自動車部品としてのゴムの概要やゴム素材、自動車に使われているゴム部品の種類を解説します。

    記事を読む

  • ゴム市場はアジアが中心?日本国内の取引の歴史

    2021.08.24

    日本におけるゴム取引所の歴史やほかのアジア各国と比較したゴムの生産量、天然ゴムや日本の新ゴムの需要について解説します。天然ゴムの主要原産地は、タイ、インド、ベトナム、シリコンは中国がほとんどです。アジアを中心に発展したゴムですが、生産地が限られていることで政治的影響は受けやすくなっており、天然ゴムやシリコーンゴムの価格の上り幅は大きく、合成ゴムも石油由来の為、原油価格の影響を受けるという背景があります。

    記事を読む

  • エピクロルヒドリンゴム(CO,ECO)の特徴と用途

    2021.08.22

    合成ゴムはそれぞれで特性が異なるため、ゴム製品の用途に応じた合成ゴムを選ぶのが重要です。耐熱性を持つゴムのひとつに、エピクロルヒドリンゴムがあります。耐熱性のほかにもメリットがある一方、デメリットもあります。エピクロルヒドリンゴムを使っての製品製作を検討している人のために、エピクロルヒドリンゴムの特徴や用途について解説します。これからのゴム製品製作に、ぜひ役立ててください。

    記事を読む

  • ゴムパッキンの特徴や用途・適応するゴム

    2021.08.21

    ゴムパッキンの特徴や用途、ゴムパッキンに使用されるゴム材料の特徴、さらにゴムパッキンの寿命と交換時期について解説します。用途に応じたゴムパッキン製造や、正しいゴムパッキン選びや使用にぜひ役立ててください。

    記事を読む

  • 水素化ニトリルゴムの特徴と用途

    2021.08.05

    加工がしやすく価格も安定しているため、いろいろな用途で使用されている合成ゴムがニトリルゴムです。一方、ニトリルゴムには耐候性が低いなどの欠点があります。ニトリルゴムの弱点を補い、改良されて生まれたのが水素化ニトリルゴムです。水素化ニトリルゴムもいろいろな性質があり、幅広い用途で活用されています。 この記事では、水素化ニトリルゴムの特徴や性質、用途について解説しています。ニトリルゴムの用途に水素化ニトリルゴムが代替できないか考えている方や、ゴム製品製造に適した原料ゴムを選びたい方は、ぜひ参考にしてください。

    記事を読む

お問い合わせ

CONTACT

製品に関するご質問等、いつでもお気軽にお問い合わせください。